FC2ブログ
Welcome to my blog

再会

この前、実家に行ったときに幼馴染の知り合いの母子に久しぶりに会いました。

彼女は福島白河に住んでおり、たまたま上京しているとのこと。
「地震大変だったでしょう?」と聞くと、
うなづきながら「白河は震度6で。。。」と話してくれました。

あの日、子供(5歳)が高熱を出していて幼稚園を休んでいて家で寝ていたそうです。
枕元には本棚があり、布団にもぐって正座して頭を守るように息子に言いながら、彼女はずっと本棚を支えていたそうです。
ずいぶん長い揺れだったけど、地震に勝ったと言っていました。

足元にあった小さな箪笥も倒れたけど正座していたので子供に怪我はなかったそうです。

一軒家なので余震が怖くて、熱ある子をぐるぐる巻きにして軒下に風よけをダンボールで作ってしばらく外にいたとか。

今は小学校に入学したけど学校が遠くて心配だと言ってました。

白河は福島の中通りの南に位置するそうです。
余震も東京より大きく、頻繁にあるし、今は原発の問題の方が大きくなってますね。

小さいときから気弱な線の細い子だったけど、ちゃんとしっかりお母さんしてて頼もしく思えました。

東京あたりでも放射能が怖くて窓開けられないとかマスク外せないと言っていた人がいたけど、より原発に近いところであんな小さい子が離れた学校に頑張って通っている。

どうか原発の問題が収束に向かって普通の生活を安心して送れるようになって欲しいと心から思いました。

夕方、その母子は白河へ、私は浦和へ帰りました。
今度会ったときは世の中は、原発は、どういう風になっているだろう。

少なくともあの子はもっと大きくなっているのは間違いないな。
そう思って少し楽しみな明るい気持ちになりました。



スポンサーサイト



Comments 0

Leave a reply