FC2ブログ
Welcome to my blog

大内宿

こんにちは。

今日はさいたま38度だそうです(;一_一)

先週5,6日で旅行に行ってきました。

家族+私の父で、場所は福島県会津地方です。

TVで見てここ行きたい!と思っていた「大内宿」
江戸時代の宿場町がそのまま残っているところ。

江戸時代は栄えたのだけど主要道路から外れ取り残されていたとか。
一時は近代化されつつあったのを保存することになり、電柱をなくし道路も土に直し今は観光地です。

首都圏だと郡山まで新幹線ー会津若松ー湯の上温泉駅タクシーとちょっと不便なところです。

湯野上温泉駅は茅葺屋根の駅で駅舎の中に囲炉裏があったりします。

1両編成の会津鉄道と
yunokamionsen.jpg

30軒並ぶ茅葺屋根の家はほとんどが飲食店かお土産物屋さんになっています。

ooutijuku.jpg

小高い所から撮った写真

oouyijuku2.jpg

この写真だけだと何時代かわからなくなりますね。

飲食店などは屋根だけ茅葺屋根で中は改築してあったりしますが、そのままの家もあります。

白川郷もそうみたいですが茅葺屋根を維持していくのは大変みたいですね。
豪雪地帯だし。

会津若松過ぎたあたりから車窓から見える家が変わっていることに気付きました。

真中の写真にトタン屋根の家が写っていますが、このような勾配の急な屋根の端に飾りのついた家で赤や緑のトタン屋根の家が多いのです。
真中が高くなっていてそこに字や紋が入っているものがずらっと並んでいました。

豪雪地帯なので瓦屋根があまりないせいなのでしょうが、個性的過ぎてずっと電車から家を眺めていました。

特に保存しようとかしているわけでもない普通の街の家が面白くて珍しくて1番印象に残りました。

宿は3つ手前の「芦ノ牧温泉」
大きなホテルは営業してたけど廃墟と化した中規模のホテルがあちこち残ってました。

asinomaki.jpg

バブル崩壊後つぶれたのか震災後の風評被害でつぶれたのか。。。

長くなったので翌日のことはまた書きます。
スポンサーサイト



Comments 0

Leave a reply